« 身が持たない… | トップページ | アクティブなオカメ »

2006年2月20日 (月)

その後…

昨日、急場しのぎで行った病院でいきなり何の説明もなくジュリーに注射をされたことに(小鳥は注射でショック死をする事もある)、未だに憤りを感じながら、今日は伊丹の病院にジュリーを連れて行きました。060220_10380001

やっぱり安心です。M先生は♪

昨日の病院では保定されて、すごく嫌がって暴れまくってたのに、今日は平気でした。

事前にM先生には昨日の病院での診断や手を怖がっている状況をお話したのですが…ジュリーは平気でした…。

先生に保定されても、そ嚢検査のチューブを口から入れられても嫌がらない!!

それどころか、先生をみて喜んでいました☆彡

そ嚢検査の結果は、全く異常なし

2週間ほど前に検出された「カンジダ」というカビも居なくなってるとのことでした~(*^_^*)

お薬もなく、検査だけで今回は終了しました。

ホント安心しました♪

060220_16110002 昨日行った病院で言われた「軽いそ嚢炎」って何??

しかも抗生物質の注射までぶちゅって打たれたし勝手に1週間分も薬渡されたし、勝手に3日後に予約入れられてるし etc...

結局何の異常でもなかった…。

昨日の症状の原因は、食べた直後に、見たことない物を見てビックリして、食べた物がもどって来そうになったのではないか?と言う事でした。

タイミングが悪ければそういう(首を小刻みに上下に振って今にも吐きそうな素振り)行動をとるそうです。

昨日は、刺激の多い物を見せちゃったのが悪かったって事です。

そろそろ止まり木を入れようと思って、いきなり目の前において見せた瞬間↑のような状態になったんです…。

あまり、食後すぐに刺激を与えてはいけないそうです…。

反省…

ジュリーちゃんごめんね…。

ってことで、無事帰宅。

帰る途中の車の中で、ジュリーさんはキャリーから出せ~!!と大暴れでした…。060220_16330001

いつも、M先生のトコからの帰り道はなぜか行きよりも元気なんです♪

別に普通に診察して、検査してもらってるだけなんですが…。

余程、ジュリーは先生の事が好きらしいです。

すっごくご機嫌さんになってるし。

ちょっとジェラシー(笑)

でも、「何か気になることがあったらすぐに来てくださいね。」と言われているので心強いです♪

さて、帰宅後ジュリーに遅い朝食をあげましたが…すごくお腹が空いてたのかビックリするほどの勢いで食べてくれました…。

めちゃくちゃお腹空いてたんだね…。

差し餌の後はすぐにケージへ。

昨日、今日と、病院に連れてったので疲れてるといけないのでそのまま寝かせました。

夕方にも差し餌。

060220_16410002 このとき、昨日驚かせた止まり木を目に入るくらいの距離に置いてみたのですが…

昨日はビックリしてたのに今日はお気に召したようで、自分から止まり木の方に歩いていき、よく遊んでくれました。

夜には、止まり木は破壊されました…。

破壊好きとは知ってましたが、まさかサラの止まり木を…。

自然木なので、クチバシで木を削る…カジカジする事が出来るので、どうやら嬉しいようで060220_19590001す♪

目がルンルンになってました。

うぅぅぅぅぅ~~~ん 可愛いっ☆彡

止まり木も気に入ったようなので、小さいのを1つケージに取り付けました。

まだ…あまり上手く止まれませんが、上で羽づくろいをしたりして快適なようです。

060220_17000001 ←の写真は、飛んで着地した後に、自慢げに「すごいでしょー。えっへん!!」と胸を張ってご機嫌なジュリーさんです。

今日のベストショットですね♪

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

本日朝の空腹時の体重 78g(午前11時半測定分)

目標体重まで後 12g

|

« 身が持たない… | トップページ | アクティブなオカメ »

コメント

ジュリーちゃん、何事もなくて本当によかったですね。
今日一日心配してました。

それにしても、病院は慎重に選ばないといけないですね。
うちの近くには小鳥専門の病院がないので、もし飼うことになったら
病院さがしが大変そうです。

それから、「これからオカメちゃんをお迎えする方へ」のコーナー、
大変参考になりました。
ブリーダーさんから、という選択肢もあるのですね。

投稿: もく | 2006年2月20日 (月) 23時15分

ジュリー異常なくって本当に安心しました。
もう、気が気じゃなくって…。
検査の結果を聞くまでドキドキでした。
先生が、笑顔でったので、「大丈夫なんや。」って思いました。

小鳥を専門に診てくれる病院ってあんまり無いですね…。
とりあえず、そ嚢検査と糞の検査をしてくれるところが必須条件ですね。
後は、実際に行ってみて、小鳥の扱いに慣れてるかどうか(保定の仕方など)を見て、今後どうするか判断していけばよいかと思います。

探すのは、タウンページで近くの動物病院に片っ端から電話して、「小鳥を診れるか?また、そのう検査、糞の検査が出来るか?」を聞いて、OKなところに行くしかないですね。

お迎えする時は、ブリーダーさんのところのほうが良いかもしれませんね。

投稿: Cheko | 2006年2月21日 (火) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32648/775921

この記事へのトラックバック一覧です: その後…:

« 身が持たない… | トップページ | アクティブなオカメ »